フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« らす・きあ蛇足話 その51 To be a rock and not to roll | トップページ | ラス・キア 子守唄墓守虫(ララバイ・シデムシ) 第48回 »

エロイムエッサイム

 土曜日の朝は家族につきあって「ゲゲゲの女房」を観ています。(平日は仕事に出かけている時間ですから)

 最近、物語がようやく私の記憶に残っている時代になってきました。
 モノクロ実写版の「悪魔くん」や、第1シリーズの「ゲゲゲの鬼太郎」は子供心に強烈なインパクトを残した作品でした。
 当時は白黒テレビがかろうじて一家に一台、チャンネルはがちゃがちゃ回転式で、気をつけないと画面が上下にずれるので、垂直同期つまみなんてものもついていましたっけ。

 当時から比べれば特撮もアニメも技術的には格段に進歩しました。アクセス可能なコンテンツの量も飛躍的に増え、どれが自分にフィットするものなのか探すだけでも大変、というぜいたくな時代であります。
 それだけに、今幼稚園や小学生くらいの子供たちが大人になって振り返ったとき、どんな番組をなつかしく思い出すのだろうかなんて考えたりもします。
 案外ポケモンのようなゲームソフトのほうが世代の共通文化として記憶されていくのかもしれませんね。

« らす・きあ蛇足話 その51 To be a rock and not to roll | トップページ | ラス・キア 子守唄墓守虫(ララバイ・シデムシ) 第48回 »

近況報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/49031746

この記事へのトラックバック一覧です: エロイムエッサイム:

« らす・きあ蛇足話 その51 To be a rock and not to roll | トップページ | ラス・キア 子守唄墓守虫(ララバイ・シデムシ) 第48回 »