フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災10日目 | トップページ | 震災12日目 »

震災11日目

16年前の兵庫県南部地震と今回の東北沖地震、規模も違いますが発生時刻も違いました。
兵庫県の人たちは、大多数が家族そろって眠っているところで被害に遭いました。そのため逃げ遅れた人も多かったのですが、行方不明や生死のわからない人は比較的少なかったのだと思います。

今回の地震は昼過ぎだったため、自宅、職場。学校などにばらばらになっていた家族がほとんどだったでしょう。そのせいで生死の確認もままならない、生きている人どうしも無事を確かめ合うのに時間がかかるといった事態になってしまいました。

なかでも心配なのは子供たちです。親と離ればなれになったまま恐ろしい時間を耐えなければならなかった子供たちがたくさんいます。
そのまま二度と親と逢えなくなった子供もいるでしょう。
幸運にも再会を果たせた親子であっても、恐怖や不安の記憶はそう簡単には薄れないだろうと思います。

子供たちの傍には頼りになる大人がしっかりついていてあげて欲しい。やむを得ない理由があってまた家族と離れなければならないとしたら、その時にはお互いにしっかり連絡が取れるようにしてあげて欲しいと切に願います。

« 震災10日目 | トップページ | 震災12日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51190338

この記事へのトラックバック一覧です: 震災11日目:

« 震災10日目 | トップページ | 震災12日目 »