フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災28日目 | トップページ | 震災30日目 »

震災29日目

今回の地震と原発事故が起きるまでは、消極的原発反対論者でした。
電力需要の増大を見越して電源開発を続けることに疑問を持ち、企業主導の「原子力は安全」キャンペーンがリスクをきちんと述べないのはずるいと思っていました。

今の世の中、いったいどこからこんなにと不思議に思うほど原発に反対する人たちの声が盛り上がっています。でも、それに便乗して日本から原発をなくしちゃおう、という運動には、私は今は参加したくありません。

もちろん、私が直接知る限りの人たちはリスクとメリットをしっかり考えた上で活動されているのだと思います。
でも、世間で声をはりあげている人たちのなかには「放射能汚染をお祓いしたい」だけで感情的に動いている人もまじっているように思えてならないのです。

日本人って「不幸をもたらす何か」を「穢れ」ととらえ、それを「祓う」ことで自分は助かりたいという心性が働くようです。
こういう心性は気をつけないと、「不幸な目にあった人」の「穢れ」を伝染されないために、「追っ払う」という行動に容易に流れてしまいます。

「追っ払い」のいちばん嫌な結果が「結婚差別」と「住所地差別」です。

「あなたの子供が某県出身の人と結婚したいと言い出したらどうしますか」
「あなたの居住地域に某県出身の人たちの復興住宅ができると聞いたらどうしますか」
そんなふうに聞かれて返事をにごすような人たちとは一緒に動きたくない、というのが正直な気持ちです。

« 震災28日目 | トップページ | 震災30日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51343989

この記事へのトラックバック一覧です: 震災29日目:

« 震災28日目 | トップページ | 震災30日目 »