フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災38日目 | トップページ | 震災40日目 »

震災39日目

失ったものが大きいだけ心には大きな穴があくけれど、それを埋めもどそうとするときにあふれてくるものは悲しみだけではないでしょう。
むしろ、その反動で強い怒りもわいてくるものだと思います。

自分の大切なものが理不尽にふみにじられたときに怒るのは自然なこと。
そのつぎには、怒りの感情を持って行く場所をさがさないわけにはいかなくなります。

「地震のばかやろー!」と叫んでも気持ちがおさまらなければ、もっと手ごたえのある相手をえらんでやっつけたくなるでしょう。

悪いやつ、原因をつくったやつがいるから腹が立つのではない。
腹が立つから、誰かを悪者にして、たたきのめしたくなるのです。

失敗をしでかした人、号令をかける立場にいながらみんなの納得できるような仕事をしていない人、見当違いな行動をとってしまった人。
状況が混乱していますから、そういう人をみつけて罵倒するのは大変かんたんなことです。

建設的な助言や意見交換、討論は大切です。
でも、ただ単に自分のうっぷんを晴らしたいだけの誹謗中傷、成果がなかなか現れないことを焦っての糾弾叱責は人間関係に毒気をまき散らします。

「今、あいつに何を言ってもしても誰も止めないしかばいだてもしない」みたいな感情が蔓延すれば、行きつく先は集団リンチです。

みんなが心の中の毒気を吐き出しきるまでに、どれだけの人を傷つれば気がすむことでしょうか。

« 震災38日目 | トップページ | 震災40日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51437909

この記事へのトラックバック一覧です: 震災39日目:

« 震災38日目 | トップページ | 震災40日目 »