フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災41日目 | トップページ | 震災43日目 »

震災42日目

宮城県に派遣されてきた知人の話も聞く機会がありました。
最初の地震からこれだけ日数がたって、現地の情報が山ほど報道されているにも関わらず、現場のなかでの情報交換は必ずしもうまくいっていないようです。
避難所で離乳食が入手できなくてこまっておられるお母さんがいるいっぽうで、役所には離乳食のストックが山積みになっている。そういったことがまだまだみられるそうです。
被災地の外にいる私たちはけっこう包括的な情報にアクセスできるのに、肝心の被災地では横のつながりや情報発信が滞っている。
これは、停電や情報インフラの復旧ができていない地域が置き去りにされているというのもあるでしょう。各被災地のニーズが現場のまとめ役、巡回する直接の支援者、その後方にいる統括担当者と、いくつもの中継点を経るなかでうまく伝達されていないこともあるかもしれません。
また、困っている人たち自身が何をどう求めていいのかわからなくなっていることもあるかもしれません。
こういう時には被災者の要望を拾い上げるのにも工夫がいりそうです。
「何かこまっていることはありませんか」「必要な物はありませんか」「特別に援助の必要そうな人はいませんか」
こんな漠然としたご用聞きでは、とっさに思いつくことのできない人も多いのではないでしょうか。
心身ともにくたくたになった人にも答えやすい、具体的な質問の仕方、要望の広い方といった工夫も必要みたいです。

« 震災41日目 | トップページ | 震災43日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51466172

この記事へのトラックバック一覧です: 震災42日目:

« 震災41日目 | トップページ | 震災43日目 »