フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災63日目 | トップページ | 震災65日目 »

震災64日目

普段の生活のなかではほとんど意識しないけれど、時間の流れが止まることはなく、永劫不変のものもありはしません。
地球の全生態系を支えている空の彼方の水素爆弾も、いつかは燃え尽きる運命にあります。
そこまで長い時間を考えなくても、子供たちは毎日毎日成長していくし、お年を召した方達は順番に旅だって行かれるでしょう。
そんなことをほとんどの人が毎日意識しないですんでいるのは、たいていの変化が比較的ゆっくりしていて、私達の忘却と歩調をあわせてくれているからではないでしょうか。

あまりにも急激な変化がおきると、人間の心のほうがついていけなくて、取り残されたように感じてしまいます。
「もとどおりの生活」といっても時計を巻き戻すわけにはいかないので、せいぜい「もとどおりに近いペースの生活」をもう一度作りなおすことになるのでしょう。

記憶に残っているもの、失ったものが多い人ほど、変化した後の世界、そこで作りなおされたものにはなじみにくいのだろうと思います。
それを後ろ向きだと責めないで、昔をしのぶよすがになるものを何らかの形で残しておくことはできないでしょうか。

« 震災63日目 | トップページ | 震災65日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51669389

この記事へのトラックバック一覧です: 震災64日目:

« 震災63日目 | トップページ | 震災65日目 »