フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災64日目 | トップページ | 震災66日目 »

震災65日目

日本全国で稼働している原子力発電所の数が減り続けています。
被災して動かせなくなっているものの他に、安全性が確保できないとして停止することになったもの、現在点検中で再度動かし始めることに反対意見の出ているもの。
このままでいけば各電力会社の発電能力は大幅に低下するので、その分の埋め合わせのために一度は使わなくなっていた火力発電所をまた動かす、という話もあるようです。

でも、そもそも火力発電は他の発電方法が開発されれば順次縮小していく予定だったものですよね。
火力発電は石炭や石油を燃やしてできた熱エネルギーを電気エネルギーに変換するしくみですから、
「燃焼による二酸化炭素の排出の問題」
「燃料である石油、石炭、天然ガス等の資源の枯渇、確保困難の問題」
がとりざたされていたはずです。

震災以降、なんだか忘れ去られてしまった感のある地球温暖化問題ですが、日本人の危機意識が別の問題に集中していようが、規制する法律が緩和されようが、化石燃料を燃やせば地下に固定されていた炭素が大気中に放出されるという自然科学の法則に変化はありません。

原発を止めようと活動している人たちの何割が
「だからといって、火力発電を増やすのも反対!」
としっかり言い切ってくれるでしょうか。

« 震災64日目 | トップページ | 震災66日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51679103

この記事へのトラックバック一覧です: 震災65日目:

« 震災64日目 | トップページ | 震災66日目 »