フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災66日目 | トップページ | 震災68日目 »

震災67日目

AV関連機器が飛躍的に進歩したおかげで、私たちは遠く離れた土地の災害のありさまを臨場感たっぷりに見聞きできるようになりました。
視覚と聴覚は人間の感覚のなかでも特に複雑精密に進化したもので、映像や音声のかたちをした記録からは膨大な情報を得ることができます。

その一方で、もっと原始的で未分化な感覚ー触覚、味覚、嗅覚といったものは、記録再現すること自体まだまだ難しいものです。
けれど、そういう感覚のほうが実体験と密接に結びついていて、後々まで記憶されているもののようです。
TVやネットの動画を見ているだけでは、人々が感じた大地の振動、海水の味や空気の冷たさ、避難所にあふれていたはずの匂いまではわかりません。
いずれ人々はそういう体験を文学なり絵画なり映画なり、何らかの手段で伝えようとするでしょう。
それまでは、伝えきれない感覚を記憶している人たちがいるということを忘れずにいるしかありません。

« 震災66日目 | トップページ | 震災68日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51699850

この記事へのトラックバック一覧です: 震災67日目:

« 震災66日目 | トップページ | 震災68日目 »