フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災72日目 | トップページ | 震災74日目 »

震災73日目

月曜日の朝刊には週刊誌の広告がてんこもり。
本文の見出しよりも大きな字で、見る人の不安をあおるような文章がこれでもかというくらい踊っています。
なかには「本誌は煽らない」というあおり文句をつけている広告まであって、笑ってしまいました。

以前から、あきらかに売ることを目的とした根拠のよくわからない記事を、そうと知っていて読みたがるのはどんな人たちなのだろうと疑問に思っていました。
こと災害や事故や病気の流行といった記事については、「自分が助かりたいがため」「人より生存に有利な情報が欲しいから」なのかな、などと漠然と考えていました。
「自分だけ助かろうとしたってろくなことないのにな」とも。

最近、それはちょっと違うのかもしれないと考えるようになりました。「他人の裏をかいて自分だけうまい汁を吸おうとする人」は、こういった週刊誌の記事では格好の糾弾の的ですよね。読者さんはそういう立場になりたいのではなく、「知らないことで自分だけが損をしている」という不安にかられているのではないでしょうか。

ひとりだけ得をしようとするやつは許せない。でも、ひとりだけ損をするのはただの馬鹿。自分だけが置いてけぼりをくっているのではないか、他の人たちはもっとうまく立ち回るすべを知っていて黙っているのではないか。
そんな気分のほうが日本人をかりたてるのではないでしょうか。

買いだめ、買い占めが社会現象になった時にも感じたのですが、ひとりだけバスに乗り遅れたくないという焦りが私達を突き動かすことはけっこうありそうです。

« 震災72日目 | トップページ | 震災74日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51751058

この記事へのトラックバック一覧です: 震災73日目:

« 震災72日目 | トップページ | 震災74日目 »