フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災73日目 | トップページ | 震災75日目 »

震災74日目

思えば「住宅ローン」とは、今までと代わりばえのしない平凡な未来がずっと続くという危うい前提をもとにつくられたシステムだったのですね。
今までと同じように、あるいは少しずつましな収入がこの先何十年も得られるという前提。
新しく建てた住居は自分の一生分くらいは居住可能だという前提。
土地ほど確かな資産価値を持つものはない、という前提。

阪神淡路を経験した私達は、一瞬の災厄が収入源も住居も奪ってしまうことを知りました。
そうして東日本は土地でさえ一瞬にしてその価値を失うものだと思い知らされたようです。
自分の未来を担保にして買い求めた土地が液状化でぼこぼこになったり、海面下に沈んでしまったり、放射性物質のせいで居住できなくなったりするなんて、ローンを組んだ当初に誰が想像したでしょうか。

災害マップに活断層の位置や過去の被災歴を詳しく載せると、地価に影響するといって心配する人もいましたね。
この際、わかっているリスクはすべてオープンにしていただいたほうが、土地を投機の対象にする愚かしさを知ってもらうのには良いのではないでしょうか。
それで地価がさがれば、災害のたびに二重ローンに苦しむ人たちも少しは減るのではないかと思います。

« 震災73日目 | トップページ | 震災75日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51760909

この記事へのトラックバック一覧です: 震災74日目:

« 震災73日目 | トップページ | 震災75日目 »