フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災79日目 | トップページ | 震災81日目 »

震災80日目

災害の現場ではほんのちょっとしたことで大きく運命が分かれます。
とっさの判断で右を選んだか左に進んだか、その程度の判断の違いが生死の分かれ目であったりもします。

亡くなった方にすれば理不尽きわまりないのですが、生き残った人にとっても簡単に割り切れるものではありません。
「なぜ私が生き延びて、あの人がそうならなかったのか」
「私ではなく、もっと生き延びるべき人がいたのではないか」
いくら考えたところで答えのでる問題ではないでしょう。

でも、このような「理不尽な不公平」が起きるのは災害の時だけでしょうか。

ときどき考え込んでしまうことがあります。
私はなぜ、さしたる障害を持たずに生まれたのか。
私はなぜ、捨てられることも虐待されることもなく育てられたのか。
私はなぜ、大学卒業まで教育を受けることができたのか。
私はなぜ、自分のしたい仕事でたべていくことができなかったのか。
私はなぜ、大病を患うこともなく、大けがをすることもなく生きてこられたのか。

私と同じような人生を望みながら、違う道を歩まなければならなかった人はきっとおられるはずです。その人と私はいったいどこが違ったのか。私と同じチャンスに恵まれれば、私よりいい仕事をできた人がいるのではないか。

いくら考えても答えは出ないのでしょうけど、私ほどには望むとおりの人生を選べなかった人がいることは忘れるわけにいかないと思っています。

« 震災79日目 | トップページ | 震災81日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51812296

この記事へのトラックバック一覧です: 震災80日目:

« 震災79日目 | トップページ | 震災81日目 »