フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災104日目 | トップページ | 震災106日目 »

震災105日目

大勢集まって一緒に大声を出すのは気持ちの良いものです。
千人一万人が声をあわせればそれなりの影響力を持てるし、声をあげている人たちも、それぞれに自分の声が千倍一万倍のインパクトを持つように感じられて勇気づけられるでしょう。

また、千人一万人の人が目をつぶって通り過ぎることなら、もうひとりそこにつき従ってもあまり後ろめたさを感じなくてすむでしょうね。みんなで一緒に行動すれば両親の仮借は千倍一万倍に薄まります。

そんなわけで、ある主張がある程度以上の賛同者を集めると、そこから先は放っておいてもシンパが増え続けます。
逆に、どんなにまっとうな意見でも主張する人が少ない間はなかなか世間に認められません。

多数決の論理は大勢でいると安心する人たちがいるかぎり、多数派になることで少数意見を無視することを気にかけなくなる人たちがいるかぎり、歯止めの利かなくなるリスクをはらんでいます。

えらそうなことを書きましたが、私は生まれつきのへそまがりだということです。はずみがついて膨れ上がった世論に冷や水を浴びせるのがつとめだと考えています。

« 震災104日目 | トップページ | 震災106日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/52033754

この記事へのトラックバック一覧です: 震災105日目:

« 震災104日目 | トップページ | 震災106日目 »