フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 震災88日目 | トップページ | 震災90日目 »

震災89日目

「日本人」などという曖昧なくくりで発言するのは好きではありません。日本人の独自性だの特性だのといわれていることでも案外どこに住んでいる人にも共通する性質だったりもするし、同じ日本人だからと思って安心していても、考えたり感じたりしていることは全然違っていることだってしょっちゅうあるからです。

そうは言っても、私と同じことばで考え話す人たちを見ていると、不思議と共通する行動もある気がします。
今まで「いやだな」と思っていたのは、誰かが平気な顔をしてルール違反をすると、一緒になって違反する人がたくさんいることです。
たとえば赤信号でも道路を渡っちゃうとか、駅前に自転車を放置するとか、指定日でもないのにゴミ袋を置いていってしまうとか、悪い見本があると妙に安心して右へならえしてしまうところです。

ところが今回の震災のようなことがあると、どうもそういう人たちは「人の助けになること」も、誰かが率先して始めると安心して同じように行動するのかな、と思えてきました。

目立つのが苦手な人にとって、しなくてもいい「善行」をするのにも相当な勇気がいるようなのですね。誰もしていない良いことを自分だけするのは気が重い。でも、誰かがすでに実行したことで、それが世間的に認められているらしいとわかると、喜んで寄付をする、ボランティアに励むことができるようです。
一時期流行した「タイガーマスク」も、良い感じのお手本をみつけて行動を起こした人がたくさんいたということですね。

私は「右へならえ」でもなんでも、自分が良いと思うことを実行するのはたいへんけっこうだと思っています。それを「いい子ぶりっこ」だとか「点数稼ぎ」だとか揶揄する風潮が減って、みんなが率直に賞賛してくれるとわかれば、もっともっと「いい人」が増えるんじゃないかなと思っています。

« 震災88日目 | トップページ | 震災90日目 »

*震災を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/51892343

この記事へのトラックバック一覧です: 震災89日目:

« 震災88日目 | トップページ | 震災90日目 »