フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 行動するということ | トップページ | 放射性物質とタバコ »

原発反対運動とタバコ産業 提議

 巷では「国民の健康、とくに子供たちの将来に多大な悪影響を及ぼすと懸念される」という理由で、ひとつの産業を廃止すべきではないかという議論が沸騰しています。
 もちろん、原子力発電のことですが。
 この国にはもうひとつ、「国民の健康、とくに子供たちの将来に多大な悪影響を及ぼすことが自明である」産業があって、こちらのほうはなかなか全面廃止という議論になりません。
 いわずと知れた、たばこ産業です。
 たばこの発ガン性その他の害毒については放射線よりずっと昔から蓄積されたデータがあり、日本人の健康と長寿を維持する上で最大の懸念材料であるのは、改めてWHOに指摘されるまでもない事実です。

 私見ですが、放射線被爆による将来の発ガンの心配ももちろん必要だとしても、100年以上前から現在までまき散らされ続けている発ガン性物質の被害についても、もっと真剣に議論してもらいたいところです。

 既存産業の保護、税収の確保という立場から、「原発もたばこも産業界への影響と健康被害を天秤にかけて地道に議論する」というのなら話の筋は通っていると思います。

 「原発は全廃すべきだけどたばこ吸うのはほっといてくれ」いう意見の方がもしおられるなら、ぜひとも論拠をうかがいたいので、よろしくお願いいたします。

« 行動するということ | トップページ | 放射性物質とタバコ »

*タバコ産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518671/52701005

この記事へのトラックバック一覧です: 原発反対運動とタバコ産業 提議:

« 行動するということ | トップページ | 放射性物質とタバコ »