フォト

保管庫

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いただいた宝物

  • オカダンゴムシくん
    お友達や読者さんからいただいた画像の展示室です。 感謝。

参加しているウェブ小説ポータルサイトさま

子供達の未来を守ろう

  • 子どもの権利条約
  • 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年2月の記事

しょーもない考え事の続き

階段を転げ落ちる人を気の毒に思っても、自分はひきずられて落ちたくないから手はさしのべない。それが普通なのだと思う。

転げ落ちた時の被害を少なくするためには踊り場があればいい。いっぺんに最下階まで落ちてしまったんじゃ、ケガがひどくて再起不能になるから。

駅を歩きながらしょーもないことを考えた

人生って長い長いコンクリートの階段を手すり持たずに登り降りするようなものかもしれないと。

普通に歩いているぶんには何事もないが、一旦足を踏み外すと大けがするよ。
特に下りは要注意。

親切心で声をかけてくれる人がいても、突き落とされるんじゃないかと疑心暗鬼に捕われる人もいそうですし。
つまずいた人を助けようとしたら、もろともに転げ落ちたとか。
下り階段を見下ろした途端に足がすくんで動けなくなったとか。

すみません、「手をとりあってがんばろう」みたいな明るい想像力は働かないたちのようです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »